七夕によせて

 

七夕の時期は夕方になると、道端にそっと

月見草が咲いているのを見ることが出来ます。

 

まるで、お月様の様な優しい黄色の月見草を

ついつい探してしまうのは、

小さい頃に、父が月見草を見つけて

私に教えてくれたからだと思います。

 

私は幼い頃から、何故かお月様が好きで、

特に三日月が大好き過ぎて、父に

「パパ、あのお月様取って!ネックレスにするから」

と駄々をこねた事がありました。

父は困った顔で

「あのお月様は、小さくてネックレスに出来そうに見えるけれど、

本当はとても大きくて、パパにも取ることはできないよ。」

と説明してくれたのに、とてもガッカリして

父にふてくされたのを覚えています。

でも、父はその後 月好きな私に、

月見草の存在を教えてくれました。

 

月の出ている間だけ咲いている、

触れるお月様を優しく教えてくれた父を

今でも月見草を見ると懐かしく思い出します。

          きみのまま保育園

                                    園長 水谷貴子